美容室で需要が高い[会話なしメニュー]を取り入れる店が増加傾向にある

雑談(時事、日常生活)

美容院で苦手意識を持つ人が多い「美容師さんとの会話」。

SNSで「美容院での会話が苦手」「なるべく髪切っている話したくない」という声が多かった事や、

感染のリスクを軽減できることから[会話なし(0円)]をメニューに加えた美容院がありましたが、

お客様からは好評でリピート率も80%だったという。

美容室で[会話なしメニュー]の需要が増加しつつある

[会話なし]会話が苦手な美容師さんが人見知りを克服しなくてもよくなった

美容師はお客様の「似合う髪型を提供するため」に、

「普段どんな生活をしているのか」を知るという目的で会話をしていますが、

美容師の中にも人見知りで会話が苦手という悩みを抱えている方が一定数いるようです。

「接客業として人見知りは克服しなければいけない」という考え方にはなりがちで、

ある美容師も「会話が苦手なのを克服したい」という悩みがありましたが、

逆に苦手を克服せず「プロフィールに[会話なし]と入れた」ところ、

指名率が倍になったという短所が長所になったケースもあります。

会話が苦手なお客様も美容師も[会話無しのメニューを選択する事]でWin-Winの関係になるのなら、

もっと[会話なし]を選択できる美容院が増える事を願うばかりです。

[何かがおかしい]美容室のサービスで「あまり話したくない」を選択した話

美容室のアンケートで「あまり話したくない」を選択することが出来ましたが、喋ることもあったという。

[会話なし]メニューがある美容室には多少通いやすくなったのでは

この前まで美容室は当たり前のように会話があったので、

「少しダウナーな気分で話したくない」という時に美容室へ向かうのはかなり精神力を使います。

プライベートに関わる会話したくないから美容室には出来るだけ行きたくないという人もいる程で、

美容室へ行くことがハードルが高かったですが、

[会話なし]メニューがある店にはハードルが下がり 気軽に行ける人も増えたはずです。

また、今まで通り話したい人には[会話無し]メニューを選択しなければ、

会話することが出来るので気分によって会話するかしないかを選べる点も大きいと思います。

タイトルとURLをコピーしました