ランジャタイの沼にハマってしまった志らく師匠まとめ

エンタメ

M-1グランプリ2021でランジャタイの漫才を見たことから始まりました。

ネタの審査でランジャタイの点数は少し低めの中、志らく師匠だけ96点と高得点を付けています。

錦鯉の優勝を祝いつつ、ランジャタイのイリュージョンにも触れています。

m-1が終わってから数日経ちますが、志らく師匠はツイッターでランジャタイに触れ続けています。

ランジャタイの漫才について

m-1が終わった後の次の朝にさっそくランジャタイについて触れています。

ランジャタイのネタは落語で言うところのひとりキチ○イ。

ストレートにひとりキチ○イと評しています。

ランジャタイのネタは初見というか見慣れていてもキチ○イなのは間違いありません。(失礼に値しますが)

しかし、その手法は志らく師匠がかなり前にもやっていたという。それを更に濃くしたイリュージョン漫才をやっているのがランジャタイとのことです。

だからこそランジャタイと笑いのツボが近かったのかもしれません。

時代を先を見たお笑い大会 イリュージョングランプリ

時代を先に行っている人達を集めてイリュージョングランプリを開催したら面白いのではないかと

トンガったお笑いをやる方ならこのメンツ意外にもたくさんいる(Dr.ハインリッヒやキュウなど)ので、もっと濃ゆいメンバーを入れてもらえたら面白そうですね。

というかこのメンツの中でよく見たら金属バットだけかなりまともで、この中に放り込まれて困惑してる金属バットの二人を想像したら笑いました。

ザコシや小梅太夫は哲学でランジャタイやトムブラウンはギャグマンガ、宇宙みたいなネタですが、

金属バットはスタイルはトンガってますがちゃんとした正統派のしゃべくり漫才師なんですよね。

ランジャタイのネタに近い落語、せんきの虫

どうやらランジャタイがM-1で披露した「風猫」のネタに似た落語があるらしいです。

『せんきの虫』という落語で爆笑か無の100か0のイリュージョン落語だそう。

ランジャタイに近いイリュージョンネタらしいので内容はカオスなんでしょうか。

過去に公演で披露してくれたみたいですが、グランドスラムでやるとも言っています。ほんまに!?

ここまでM-1の翌日のだけでこんなにもランジャタイについて触れているの改めてみると面白いです。

ランジャタイについて書かれた7年前の記事を探してくる

青春ゾンビというブログ2014年にランジャタイについて書かれた記事を引っ張り出してきます。

その記事にはランジャタイはかけ離れたものを繋ぎ合わせる 立川談志「イリュージョン論」だと考察しています。

イリュージョンは漫才や落語以外にも宮崎駿、大林宣彦、ギャグマンガがイリュージョンに該当していると書かれています。(本当に良いことが書かれているので気になった方は是非記事元を読んでみてください。)

このイリュージョン論の考察を見ると、

ランジャタイのネタは「もしかしてすごいものを見せられているのでは?」と思ってしまいます。

ランジャタイと金属と志らくは同じ

かつての自分の落語のように若者はウケたけど古い層にはウケなかったという点は、

ランジャタイや金属バットと同じだと語りました。

確かにランジャタイや金属バットのファンは若い層が多めです。

ランジャタイがM-1の時に披露したネタはもっと若い層に向けたものらしく(対象年齢5歳程度)

ツイッターでは子供がランジャタイのマネをする子供が増えたとの報告があります。

ランジャタイの伊藤が国崎に談志の落語を聴かせたことを知る

ランジャタイの伊藤が相方の国崎に談志の落語をコピーして聴かせたらしいと志らく師匠が知る。

宣伝がてらに自分のもコピーしてほしいと志らく師匠がアピールしていました。

これは余談ですが、国崎はネタで落語家のような動きをすることから、錦鯉のまさのりさん(ボケの方)に「落語大好きなの?」と聞かれたそうです。

国崎は「恥ずかしながら見たことがない…」と答えたが、ソニーの頭脳と呼ばれる錦鯉の渡辺さんに(ツッコミの方)に「(落語は)見ない方がいいよ」とオススメされてから一切見ていないらしいです。

そんなこともあり、国崎が落語を見たのは伊藤のコピー談志が最初で最後だったみたいです。

志らく師匠、たくさんのランジャタイのファンからメッセージをもらうようになる

ここまでm-1が終わってからクリスマスまで毎日ランジャタイについてツイートしているので、

ランジャタイファンからいっぱいメッセージを貰っているそうです。

志らく師匠がランジャタイについて触れるようになってから志らく師匠を好きになった方が沢山いるのではないでしょうか。

ランジャタイの他のネタも見る

志らく師匠がランジャタイの他のネタも見たようです。ネタは『弓矢』。

このツイートを見る限り、志らく師匠も弓矢を打ちたくなっていますね。

いつか志らく師匠がランジャタイと一緒に弓矢を打っている所が見たいです。

ちなみに『弓矢』は既に「ネタパレ」、「有田ジェネレーション」、「日曜チャップリン」という番組で披露されています。(計3回)

ランジャタイに迷惑をかけないために今後はこっそり

ランジャタイの沼にハマってしまった志らく師匠。

今後はランジャタイに迷惑をかけないためにも、ランジャタイの話題について触れないでいくという形で幕を閉じます。

およそ1週間以上ほぼ毎日ランジャタイについてツイートしてましたがついに終わってしまいました。

推しに迷惑をかけたくないから発言を控えるまでの境地に達するのはなかなかないと思います。

今後はたぶんランジャタイについての話題には触れないと思いますが、今度はランジャタイと志らく師匠が絡んでいくところをみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました