【エルデンリング】霜踏みや写し身が弱体化されたけど実際の所どうなのか?

ゲーム

3月17日正午にフロムソフトウェアの最新ゲーム『エルデンリング』のバグ修正やゲーム内のバランス調整をする新しいアップデートが入っています。

3月17日『エルデンリング』アップデート内容の一部

追加要素

NPCと遭遇した際に、地図上にアイコンとNPCの名前が記録される機能の追加

バランス調整 下方修正のみ

戦技「霜踏み」の威力とモーション性能を下方修正

戦技「血の斬撃」使用時の自傷ダメージを増加、威力とモーション性能をわずかに下方修正

戦技「夜と炎の剣」の威力を下方修正

戦技「鉄壁の盾」のFP消費量を増加し、効果時間を下方修正

戦技「司教の突進」のFP消費タイミングを調整

アイテム「写し身の雫の遺灰」で召喚する霊体の攻撃力を下方修正、行動パターンを調整

エルデンリング公式サイトより

新しく追加された機能として、出会ったNPCの名前がマップ上に表示されるようになっています。

アプデ内容は実際のところどうなのか

霜踏みの下方修正(ナーフ)

発売当初から強いと評判だった戦技「霜踏み」はボス戦で使えば簡単に倒せるぐらいの強さだったのでナーフが入っています。

内容は威力の大幅減少硬直の時間の増加です。

威力か硬直どちらか一つでも十分な調整でしたが

どちらもナーフとなってしまうともうこの戦技はもうお亡くなりになったという認識で良いと思います。

普通にやれば何十回やっても勝てないボスに対しても霜踏みを使えば楽々に倒せる点というのは

ユーザーにもっと楽しんでほしいと考えているフロム社からすれば

霜踏みは致命的な戦技ではあったので流石にお仕置きを食らっても仕方がないですね。

ある程度レベルを上げて霜踏みを使えば

ライトユーザー、アクション初心者でもごり押しでクリアできてしまうほどヌルゲーになるので

一部ユーザーからは良く思われていない戦技でもありました。

ゲーム性としても本来の面白さが失われてしまう一つの要素でもあったのでこれで良かったんだと思います。

霜踏みはRTAでも重要な戦技でもあったのでタイムへの影響が出てしまうことに…

写し身の雫の遺灰の下方修正(ナーフ)

アイテム「写し身の雫の遺灰」で召喚できる霊体の攻撃力が下がっています。

こちらは攻撃力のみのナーフ

写し身の長所であるまだ硬さが健在なのでまだまだ使える、

なんならまだまだ強いとも言われています。

写し身の役割は敵のヘイトを買ってもらって、タンクをしてもらうという役目だったので

役割としては以前と変わらないと思います。

今回の調整は写し身一択なりがちだった遺灰に

他の選択肢を増やしてほしいという開発の意図があると思うので

写し身を使っていた方はこの調整を機会に他の遺灰(ティシーなど)への乗り換えを検討するのもありです。(個人の好みですが)

タイトルとURLをコピーしました