おんねこ作者の婚活漫画の名場面「なんか肌汚くない?」が破壊力があって面白いと話題になる

[おんねこ]の作者こと[和々寺らおんさん]はWebやSNSで活動している漫画家。

おんねこ作者の婚活漫画の名場面「なんか肌汚くない?」が破壊力があって面白いと話題になる

おんねこの作者こと和々寺らおんさんによる作品、[最低男子力の底辺から這い上がる婚活日記。](全21巻)がamazonで全巻配信されています。

その婚活漫画のワンシーンには、

主人公の「てっく」が、回転寿司へ一緒に食事をしに来た女性に対して

「なんか……肌汚くない?」

と怒りのあまり鬼の形相を浮かべる場面があります。

てっくは軽い潔癖症な部分があるため、女性の肌が汚くて一瞬だけブチギレますが、なんとか感情を抑えました。

「なんか…肌汚くない(怒)」と怒った表情が、「バトル漫画で宿敵と対峙する時の表情」「殺意を抱いて敵を睨む少年漫画の主人公」と言われており、

寿司屋での唐突な熱いブチギレに破壊力があって面白さを感じさせます。

「なんか肌汚くない?」使用用途

[怒りの表情を浮かべた漫画のキャラ]の画像を添えて「なんか…肌汚くない?」とブチギレるのがテンプレートとなっています。

「なに食べよかな…」と言っている人に対して、

思わず「なんか…肌汚くない?(怒)」とブチギレ返答してしまわないように注意が必要です。

[おんねこ作者による婚活漫画]には他にも見所がある

前述の通り、[最低男子力の底辺から這い上がる婚活日記。]は全部で21巻ありますので、

回転寿司の所以外にも自分な好きなシーンがたくさん出てくると思います。

バレンタインチョコの渡し方が気に入らない時や、地面にカバンを置いてる所を見た時に

「(ジョジョの)キングクリムゾンのようなしかめっ面をする」所も名シーンとして挙げられています。

タイトルとURLをコピーしました