【芸人】漫才コンビの[金属バット]は仲良しなのか?[程々の距離感]

エンタメ

お笑いコンビ[金属バット]

ボケの小林圭輔さんとツッコミの友保隼平さんからなるお笑いコンビ。吉本興業所属。

漫才のスタイルは主にしゃべくり漫才。

【お笑い】漫才コンビの[金属バット]は仲良しなのか?「程々の距離感」

金属バットのお二人は高校の同級生で、NSC(吉本の養成所)にも二人で入学しており、

結成年は2007年なので2022年で結成15年目(M-1ラストイヤー)となります。

金属バットのプライベートは基本お互い別行動している

金属バットは基本仕事以外では別行動をしていたことから、

過去にお互い全く合わなくなった時期がありました。

疎遠になりすぎて危機を覚えた小林さんが「全く合わなくなったのをなんとかしよう」と思い、

週に1度だけ集まり、ラジオの収録を独自に行ってYoutubeに投稿するようになりました。

2013年から2019年から[ラジオバンダリー]、[金曜ニュースタイム](こちらの二つは現在削除済み)

2020年から現在~[声流電刹]を週に1日更新されており、ほとんど休むことなく毎週収録され続けていました。(尚、小林さんがダウンした時は友保さんが一人で収録したり、代打を連れて来たりしている)

ラジオで話す内容は、

「自分達が過去一週間になんの仕事をしたかの活動報告」と「各々の行動でどんなことがあったか」をそれぞれ話しており、

その活動報告が終わった後はラジオのお便りをランダムに選出して読んでいます。

各々の活動の話を聞くと割と一緒にいる時間が少ないそうで、

小林さんは「食べ歩きをしたりゲームをしたり」、友保さんは「お酒飲んだり、芸人仲間と飲みにいったり」しています。

小林さんはスト5という格闘ゲームで他の芸人さんとの交流しており、

友保さんは[ウィスキーのブラックニッカ]の4Lボトルを買って飲む程お酒が好きなようです。

金属バットの二人は芸人仲間からはいつも喫煙所にいると思われている

金属バットのお二人は煙草をよく吸われる方ですが、

お笑いコンビ[ニューヨーク]や[鬼越トマホーク]の情報によると、

金属バットは無限大ホールなどのいつも喫煙所で煙草を吸っているというイメージで

漫才のネタ合わせも喫煙所でされていると話しています。

金属バットはラジオでも、飲食店や劇場で喫煙所を重要視している場面が多いです。

金属バットは二人とも仕事に対する価値観が同じ

金属バットは二人とも「なるべく働きたくない」「テレビにあまり出たくない」というスタイルを通しており、

「アメトークの出演を断る」「チャンスの時間のオープニング長回し選手権を一分程で終わる」など

テレビ番組の仕事から一線を引いた立ち回りをしています。

しかし、漫才に対してはストイックな面があり、(特に友保さん)

「ネタ合わせしてなさそうに見えてかなり練習している」「M-1に対してはスーマラの武智さんぐらい本気」です。(小林さんもM-1準決の時に誰よりも早く会場に来て、空気に慣れようとしていたエピソードがある)

小林さんは緊張しぃな代わりに漫才でスベってもほとんどダメージはありませんが、

友保さんはスベるとかなりダメージ受けていると話されています。

※【M-1参戦の歴史】金属バット 友保先生の「スベった時の過ごし方」【金属バットもういっちょ シーズン6】より

まとめ:金属バットはお互い程々の距離感を保っており、理解者でもある

1週間に1度のラジオの収録をやっているところから、

「金属バットは結構仲が良い」というわけでは無く、

価値観が近いことや、付き合いが長いこともあってお互いが理解者にもなっていることから

程々に仲が良いという感じで[60%をずっと維持]しているような関係だと外側から見えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました