小学生の読解力が低下していると問題視されるも、否定の声が多かった

エンタメ

小学生4年生の国語で[ごんぎつね]を読む授業があったが、

そこで子供たちの社会常識や人間的な感情の想像力が欠如していることが問題視された。

ごんぎつねで兵十が葬儀の参列者にふるまう食べ物を用意しているシーンとして、

「大きななべのなかで、なにかがぐずぐずにえていました」と書かれていました。

この場面について教師が「鍋で何を煮ているのか」と生徒たちに尋ねた所、

グループで話し合った結果、複数の子供たちが「死んだお母さんを鍋に入れて消毒している」「死体を煮て溶かしている」と真面目に答えを導き出したという。

この誤読には人の心情への基本的な理解と想像が欠如しているからと指摘されている。

小学生の読解力が低下していると問題視されるも、否定の声が多かった

大人でも自分に読解力があるか疑った方が良いという意見も

タイトルとURLをコピーしました