海外へ行く人が経験した方が良いアルバイト【将来役に立つ?】

雑談(時事、ニュース系)

海外の店でアルバイトをするとなった場合、日本でできるアルバイトでも仕事内容が同じで役に立つアルバイトがあるとのこと。

そのアルバイトは身近にあるものでした。

海外へ行く人が経験した方が良いアルバイト【将来役に立つ?】

※アルバイトの採用は現地の状況による

海外で役に立つアルバイトとは[マクドナルド]でのバイトで、

[マニュアルが全世界共通]なので一度マクドナルドで働いておくと雇ってもらいやすいのだそう。(しかし、面接に落ちた人も割といる模様)

マクドナルドがある地域は北米やヨーロッパ、アジアのほとんどの国に出店しています。

仕事内容も海外特有のメニューやサイズ等が日本と少し違ったりする点はあるものの、

マクドナルドのマニュアルはイラストか写真が載っていて非常にわかりやすく作られているため、

仕事を教える側、学ぶ側の両方が現地の母国語や英語があまりしゃべれなくても、

身振り手振りで教わる事が出来、困ったときはマニュアルの写真を見ても解決できるとのこと。

米マクドナルドに学んだ「誰にでも伝わる作業手順書」の作り方

アメリカの店舗と言えど同じマクドナルドですから、基本であるハンバーガーの作り方は全く同じなのですが、期間限定メニューやアメリカ特有のメニューなどは、当然ながら私は作り方を知りません。

そこで、現地のマネジャーやスタッフにその作り方を教わるのですが、私の英語力は低レベルですし、私に付いてくれたスタッフはメキシコ人。彼女も英語が上手く話せません。そこで、そのメニューの作業手順書を見ながら身振り手振りで作り方を教わったのですが、それが実にわかりやすかったのです。

彼女がやってくれたのは、極端に言えば、作業手順書のイラストを指さすだけ(笑)

そして、その通りに私が作業を行うと「オッケー」「グッジョブ」「ノーノーノー」と評価をしてくれるのです。

そのイラスト式作業手順書は、全てがイラストか写真で出来ており言葉がほとんど、と言うか全くありませんでした。しかし、手順が全てイラスト化されているので、パッと見ただけでわかるのです。つまり、この手順書の通りに行うだけで、ハンバーガーを作ることが出来るので、言葉による説明などは不要なのです。

おかげで、困ったときはそのイラスト手順書を見れば良かったので、私はなんとか無事に自分の仕事をこなすことが出来ました。

https://fc.dai.co.jp/column/expert/1640

マクドナルドのアルバイトは言語能力を高めたい時にも有効

夜な夜なフリーダム
夜な夜なフリーダム

マクドナルドは英語圏だと「マクダーナルズ」に近い発音をしている

タイトルとURLをコピーしました