【LoL】DFMのMID セロス選手が引退 今後はコーチングスタッフへ転身

エンタメ

DetonatioN GamingLoL(League of Legends)部門に所属しているセロス選手引退することを発表されました。

2013年からアマチュアチームに所属しており、日本人を代表するMIDレーナーとして長い間務めていた選手です。

DFM セロス選手の引退と今後の活動

DFMのセロス選手は2021年に助っ人外国人であるaria選手が加入してから、サブ選手としてチームをサポートする立ち位置にいましたが、

今後はサブ選手から完全にコーチに転身する形で引退することとなりました。

LOLのプロ選手は大体の引退年齢は25歳とされており、ceros選手の年齢は現在で28歳となるので十分すぎる活躍でした。

LJLで強豪の韓国人と渡り合えていた数少ない日本人MIDレーナーでした。

現在ではtwitchでの配信を行ったり、自身のYoutubeチャンネルも開設し、

積極的にLoLに関する情報を発信する活動を行っています。

誰も知らないカルマの使い方 【Ceros解説カルマ編

彼のYoutubeチャンネルではMIDチャンピオンやレーニングの知識について詳しく解説された動画がアップされているので、MIDレーナーには打ってつけのチャンネルになります。

DFMにとってのcerosコーチの役目について

2021年にDFMに所属していたaria選手(韓国のKTへ加入)、gaeng選手(兵役により)がDFMを抜けて、

今年の2022年、新しい助っ人韓国人の選手としてmidのyaharong選手、supのharp選手が新たに加入しています。

DFMは2021年のsummerシーズンから、5人中3人が韓国人のチーム体制で日本人は二人だけのチームになっています。(一応韓国人選手のstealは日本語がペラペラ)

自国のチームなのに日本人である、evi選手やyutapon選手の肩身が狭くなっていたり、新しい韓国人選手も環境になじめなかったりするかもしれないですが、

そこでcerosコーチがチームの要となってくれるはずです。

DFMの日本人選手にとってcerosがチームにいてくれることが心の支えになり、メンタル面での安心感を与えている存在になっていると私は思っています。

他にもcerosは過去に何人も韓国人選手とチームメイトとなって過ごしているので、

新しく加入する韓国人選手のコミュニケーション面で大きなサポートをしてくれるに違いありません。

【いざ決戦の地へ】 MSI2021 Road Trip to Iceland Part1 – DFM BACKSTAGE エピソード5【LoL/ドキュメンタリー/League of Legends】

上記動画はMSI2021でアイスランドへ向かうDFM御一行を映すドキュメンタリーですが、

海外へ行った時のcerosはかなり頼もしい存在であることを感じます。

セロスは引退してしまったけど、活躍はどこかしらで見れます。

引退してしまったセロス選手だけど、まだ活動が終わったわけではありません。

これからも彼の活躍はtwitchやopenrecの個人配信や自身youtubeチャンネルで見ることができます。

現在は2022 LJL spring split前であるため頻度は少なめですが、不定期に配信をしてくれています。

Detonation gamingのYoutubeチャンネルでもゆたぽんとセロスのLoLランクduo切り抜きやDFMについての活動も見ることができ、こちらも面白いので個人的にオススメです。

cerross - Twitch
soloQmid

コメント

タイトルとURLをコピーしました