銅メダリストの堀島行真やラッパーの裂固…岐阜の池田町出身はすごい人ばかりだった

エンタメ

北京五輪のフリースタイルスキー男子モーグルの堀島行真選手がで銅メダルを獲得したことについて

中学時代仲が良かった同級生のラッパーの裂固さんが祝福しました。

堀島選手と裂固さんは同じ中学の同級生

前日5日の夜にテレビから伝わった感動で、今も胸が高鳴っている。「すごすぎて…。ぶれずに競技を貫いてきた結果。僕らに見せていた優しい笑顔の裏側でどれだけ努力したのか。モーグルに人生をかけてやっている、そのギャップはリスペクトしかない」と賛辞を贈った。

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202202060001141.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

堀島さんと裂固さんは同じ中学の同級生で

同じクラスになったことはないですが、友人を通して仲良くなり

休み時間に堀島さんの教室に遊びに行くぐらい仲が良かったそうです。

中学卒業後の関係についても堀島さんはラジオ番組に出演した際

cheer up song(リクエスト曲)に選んだのは裂固さんの曲『覚めない夢』だったことから

堀島さんは違う土俵で頑張っている裂固さんを応援してくれている関係でした。

ヒップホップ界で活躍しているラッパーの裂固とは?

学生時代の裂固さんは家庭の事情でかなり貧しい生活を送っており、

中学卒業後は母を支えるために高校進学を断念してアルバイトをしながら音楽活動をされていました。

それから『高校生ラップ選手権』で初出場ながら優勝したことで音楽の仕事が増え

ラッパーとして本格的に音楽活動するようになります。

その後もKMBで優勝したり、テレビ朝日番組の「フリースタイルダンジョン」でモンスターを務めいたりもしています。

岐阜の池田町出身はすごい人がいっぱいいる

陸上1500m 河村一輝選手

河村一輝さんも堀島さんや裂固さんと同い年で池田町出身です。

河村さんは『ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021』の男子1500mで

3分35秒42の日本新記録を樹立しています。

2021年の5月に荒井七海さんが17年ぶりに3分37秒05を日本新記録を出した後に

河村さんが1秒63も更新する形になりました。

フェンシング日本代表 徳南堅太も池田町出身

徳南堅太さん(34)はフェンシングの日本代表選手で

リオデジャネイロ五輪の時もフェンシング男子サーブル個人の日本代表で出場していました。

最近では、第74回全日本フェンシング選手権大会で準優勝を果たしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました