エンジン音や光がトラブルの元となり車中泊禁止のキャンプ場が増加傾向にある【マナー違反】

エンタメ

車中泊がOKだったキャンプ場で「車中泊禁止」の場所が増えてきています。

ダイハツ新型「アトレー」やホンダ新型「ステップワゴン」も車中泊を意識した設計をされており、車中泊を推している自動車メーカーも少なくありません。

近年、キャンプが流行って人口が増加していますがそれに伴って問題も増え、各所で車中泊の風当りが強くなっています。

エンジン音や光がトラブルの元となり車中泊禁止のキャンプ場が増加傾向にある

今まで可能だったのになぜ車中泊が禁止に至ったのかという疑問が生じますが、

車中泊をするユーザーがキャンプ場でのマナーが悪いことが大きな理由となっています。

キャンプ場のオーナー曰く、夜中、テントで寝ている所の近くで車のエンジンを掛けっぱなしでカーオーディオの音が車から漏れてしまったり、

駐車場でバーベキュー、ゴミの放置など周囲に気配りができていない行為をするのは

車中泊ユーザーが多いと見受けられるようです。

周囲の人は自然に触れる事ができる場所に来たのに、車の音や光が邪魔となって楽しめ無いため苦情が上がります。

キャンプ場での騒音や光などのが原因でユーザー同士のトラブルが起きる事を避けたいオーナーからすると 悩ましい所ですが車中泊禁止をする他ありません。

近年、キャンプをする人口が増加傾向にあり

初心者の方は特にどれが迷惑行為に当たるのかの線引きがわからない事もあります。

【郷に入っては郷に従え】車中泊OKのキャンプ場では、エンジンを切って利用するのがマナー

車中泊OKと明示されているキャンプ場を利用するにあたって、エンジンを切る事がマナーとしてあります。

他の車中泊可の場所であっても人に迷惑をかけないという当たり前の常識さえ持っていれば何も問題無いです。

タイトルとURLをコピーしました