【平手打ち】ウィルスミスがアカデミー会員を辞任するまでに起きた出来事

雑談(時事、ニュース系)

4月1日に俳優・ウィル・スミスが映画芸術科学アカデミー会員を辞任をすることを発表されました。

きっかけはアカデミー賞にてある理由でウィル・スミスがクリス・ロックへ平手打ちしたことから事は始まりました。

ウィル・スミスがアカデミーを辞退をするまでに起きた出来事

アカデミー賞でウィル・スミスがクリス・ロックに平手打ちした事件

3月27日のアカデミー賞授賞式で

コメディアンのクリスロックが脱毛症を悩みに抱えているウィル・スミスの妻に対し短髪をネタにしたジョークを言ったことで

病気をネタにされて激怒したウィル・スミスがクリス・ロックを平手打ちするという事件がありました。

クリスロック:ジェイダ(ウィル・スミスの妻)G.I.ジェーンの続編を楽しみにしているよ

(映画[G.I.ジェーン]に登場する短髪の女性兵士[デミ・ムーア]に比喩したジョーク)

ウィル・スミス:(クリス・ロックに平手打ちし、席に戻った後)妻の名前を口にするな!

クリスロック:これはG.I.ジェーンのジョークだったんだ…

国や世代、状況によってウィル・スミスの行動に対する反応が違う

日本ではウィル・スミスが平手打ちした行為について「愛する妻のためにやった絶賛される行為」としてウィル・スミスを擁護する側が多い一方、

アメリカでは「いかなる行為に対しても暴力行為に及ぶのは良くない」という考えからクリスロックの擁護が多い傾向にあります。

どちらに非があるかアンケートでは、トータルを見ると[クリス・ロックのほうが悪い]が52.3%

[ウィル・スミスのほうが悪い]が47.7%となっており

ほぼ50:50ですが、クリスロックが悪い派の人が少しだけ多いです。

尚、高齢者層、高所得層の方が「クリス・ロックが病気をネタにするのも悪いが、暴力行為に及んだのはもっといけない。暴力ではなく他の方法で解決するべきだった」という考えが強く

[ウィル・スミスのほうが悪い]と訴える人が多い傾向にあります。

ウィル・スミスは平手打ちしたことに対して謝罪

ウィル・スミスのSNS上でアカデミー賞で暴力行為に及んだことに対して「容認も許容もされない行為だった」と謝罪をしています。

この投稿に対して多くの激励コメントが寄せられています。

スポンサーリンク

暴行されたクリス・ロックは起訴しない方向

クリス・ロックには「ウィル・スミスを暴行の罪で起訴をするべきだ」という意見がありますが

被害届を提出することはないとのことです。

クリス・ロックがウィル・スミスを起訴した場合、

クリス・ロックにかなりの非難が集まることが予想されるので被害届を出すことが出来なかったのではないかと思います。

また、クリス・ロックは騒動後初めてステージに立った際に

「(ウィル・スミスの件に関して)今はまだ整理中で、いつか話す時が来る」と話しています。

最後に

「病気をネタにしてしまったクリス・ロック」と「暴力行為に及んでしまったウィル・スミス」の賛否両論が飛び交う一件は

結果論ですがもし、ウィル・スミスが平手打ちをせずに言葉で言い返しただけだったなら「クリス・ロックが悪かった」で終わった話だっただけに複雑な気持ちです。

タイトルとURLをコピーしました