[豪華]チェンソーマン、既に人気なのにアニメ放送で社会現象になるかもしれない

エンタメ

藤本タツキ先生による漫画作品[チェンソーマン]

第一部は週刊少年ジャンプ、第2部はジャンプ+にて連載されています。

ジャンプ本誌で連載していた頃から、

毎週月曜日にチェンソーマン関連の話題が何度もトレンド入りを果たしており、世間を賑わせていました。

そんな人気漫画作品がついにMAPPAによってアニメ化され、

2022年10月11日よりついに放送されることが発表されました。

[豪華]チェンソーマン、既に人気なのにアニメ放送で社会現象になるかもしれない

ED曲が毎回変わるため、チェンソーマンの主題歌が多すぎる

「チェンソーマンの主題歌になるとしたらどのアーティストが起用されると思う?」という議論が何度も行われ、

「King gnu」「マキシマムザホルモン」「Vaundy」「米津玄師」さんなど

担当する可能性が高いアーティストが挙げられていました。

結局、公式のとった選択は主題歌に選ばれそうなアーティストを全て起用しています。

オープニング・テーマ

  • 米津玄師[KICK BACK]

挿入歌

  • マキシマム ザ ホルモン[刃渡り2億センチ]

エンディングテーマ

  • ano[ちゅ、多様性。]
  • Eve[ファイトソング]
  • Aimer[Deep down]
  • Kanaria[大脳的なランデブー]
  • syudou[インザバックルーム]
  • 女王蜂[バイオレンス]
  • ずっと真夜中でいいのに。[残機]
  • TK from 凛として時雨[first death]
  • TOOBOE[錠剤]
  • Vaundy[CHAINSAW BLOOD]
  • PEOPLE 1[DOGLAND]
  • マキシマム ザ ホルモン[刃渡り2億センチ]

各話ごとにエンディングテーマが変わるアニメというのは前代未聞で、

更に楽曲が変わるだけでなく、ED映像も毎週違うという仕様に。

MAPPA社がかなり力を入れて制作していることがわかります。

マキシマムザホルモン[爪爪爪]のチェンソーマンMAD(制作者により削除済み)の完成度が高く、雰囲気も合っていたこともあり、主題歌はホルモンになるんじゃないかという声が多かった。

米津玄師さんはモーニング娘から「そうだ!We’re ALIVE」の一部をサンプリングし、新曲を作成している

楽曲が多く使われている過去のアニメ作品でも6~7曲

アニメ[チェンソーマン]はエンディングテーマが各々のアーティストから12曲も使われていますが、

これまでのアニメ作品でED曲が多かったのは6曲[ドロヘドロ]でした。(ドロヘドロもMAPPAによる制作)

ちなみにドロヘドロもEDの楽曲によって映像が変わるようになっています。

(公式アニメのYoutubeチャンネルがドロヘドロのOP,EDを投稿してくれているので気になった方はご覧いただけます。)

最近でいうと ワンピースの映画作品[one piece film red]で、

作中のウタの歌唱パートを担当するAdoさんの楽曲が8曲収録

楽曲提供にはチェンソーマンのEDを担当するVaundyや秦基博さんなど他にも有名アーティストが携わっています。

約束された人気作品や 愛された作品は本腰を制作されるため、

楽曲が豪華になりがちです。

アニメ[チェンソーマン]の公式PVの再生回数がとんでもないことになっている

Youtubeより「アニメチェンソーマンのPVの再生数]

アニメ[チェンソーマン]のPVや本予告などの動画の再生回数が500万再生超えばかりで、

9月19日にアップされた本予告はわずか1日で600万再生超えとなっています。

こちらのツイートも20万RT超え
呪術廻戦アンチ
呪術廻戦アンチ

いくらなんでもやりすぎでしょ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました