会社の飲みニケーションはいらないと言い切れる理由【時代遅れの風習】

雑談(時事、日常生活)

会社での飲みニケーション不要派は60%で多数派となっています。オンライン飲み会もなくなってきたというところもありますが、まだまだ飲み会必要派は40%でいることにはいます。パンデミックで自粛が起きなければ未だに習慣として続いていた会社があると考えると恐ろしいです。

飲みニケーションはメリットがあると言われますがそれは一部の人達だけです。少なくとも価値観を押し付けずに全社員のことを考えていれば飲みニケーションなんてやりません。

この記事は飲み会を開く会社の上の立場にいる人に一人にでも届いてほしいなという思いで書いています。

会社単位でやる必要がない

会社の飲み会でも楽しければそれでいいと思いますが、楽しくないのに会社の飲み会に参加しなければならないのならもはや仕事です。時給が発生しても良いぐらいだと思います。

楽しい飲み会をしたいなら仲が良い人達だけで集まって飲めばいいですよね。

友達とか仲が良い人でする飲み会自体は大好きだけど、会社の飲みニケーションは嫌いという人が大多数だと思います。

飲みニケーションも会社の社員全員や部署単位ででやる必要性がまったくありません。会社には仲が良い人がいれば苦手な人もいるわけです。苦手な人から距離を置いている人も飲み会で距離を迫られついには親密になったと思われるとかなり厳しい状況に陥ってしまいます。 冷めた考えかもしれませんが苦手な人とわかりあうために酒の力を借りて本音を語り合うみたいなことはもう古いです。私だって昔は全員とわかり合えて友達100人できると思っていました。でも現実はわかり合えない人とはわかり合えないんです。

社長が「社員同士の親密度を上げて仕事の効率を上げるための飲みニケーション」という体裁にして飲み会を開いているけど、実は 「仲が良い社員」「ゴマを擦って自分を気持ちよくしてくれる社員」がいて自分が楽しいからという理由しかなくて、他の社員のことは何一つ考えてくれていないパターンはもはや救いがないです。しかも、上司をよいしょして昇格するのは一昔前のやり方で今はよいしょしても上に行けるわけではありません。

そもそも大人数集まったってテーブルで話せるのは端席の人は3人、真ん中席の人は5人までです。

仲の良い人とせっかく楽しい話をしているのに席替えをして、話の腰を折られたりするというのも大人数で飲み会をするデメリットです。

酒の席で仕事の話をするのも、仕事好きの人ならいいですがそうでない人には苦痛でしかありません。そこの価値観に差ができている時点でもう飲みニケーションとして失敗してます。

皆が皆お酒を飲みたいわけではない

身体のアルコールが飲めない下戸の人がいるのはもちろん、シンプルにお酒が嫌いな人や、健康に気を使っている人もいます。お酒を飲みたくても節制しているのに飲み会に半ば強制的に誘われて、おいしそうなビールを飲んでいる所を見せられるのはかわいそうなこと極まりないです。

明日の仕事に影響する、やることがあるから時間を無駄にしたくない等他にも色々理由が出てきます。

もちろんアルコールを飲まないで参加することはありますが、やっぱりアルコールを飲んでいる人達と温度差ができてしまいます。

会社の飲み会は存在するだけで不利被ったり、色々と面倒くさい

飲みニケーションが嫌な人は当然会社の飲み会を断りますよね。しかし、飲み会の参加を断ることや飲み会をやめるよう説得することも労力、精神力を使います。 「それぐらいやれよ」とは思うかもしれませんが、断りにくい人やめんどくさい人が幹事をしている状況だと結構しんどいんです。

基本的に飲み会を断るときは理由はいらないと思いますが、 断る際に明確な理由が必要だと言われると「用事があって…」みたいなちょっとした嘘をついたりとかしますが、嘘をつかないといけないだるさや、バレた時のことを考えたりして精神をすり減らします。なんなら正直に理由を説明して断るのもだるいです。

飲み会に参加しなかっただけでも「飲み会に参加しないノリ悪い奴」みたいなレッテルを張られたり、嫌な仕事振られたりすることもあります。「そんな会社どこにあるんだ」と思うかもしれませんが、少なくとも未だに会社単位で飲み会を開く会社の社長や上司がいるところはあると言われています。

飲みニケーション無くなる時代は来るのか

コ○ナ禍で飲み会をやる会社は減りましたが、まだ40%も飲み会必要派がいるのでまだまだ自分勝手な所はやるでしょう。

法律で禁止してほしいところですがそこまでのものでもないのが厄介で

本当に飲み会が嫌な人は飲み会不必要の説得か転職をするしかありません。

よく考えたら飲み会のためになんでそんなリソースを吐かなきゃいけないんだという話です。

飲みニケーションという習慣があるだけでこんな記事も生み出してしまいます。(悲しきモンスター)

コメント

タイトルとURLをコピーしました