【ゴロフキン戦後について】村田諒太選手が引退する可能性は高い?

4月9日にさいたまスーパーアリーナで行われたWBAスーパー&IBF世界ミドル級の王座統一戦

ゲンナジー・ゴロフキン(GGG)選手村田諒太選手の試合は日本ボクシング史上最大レベルのビッグマッチと言われていました。

ゲンナジー・ゴロフキン(GGG)選手対村田諒太選手

ゴロフキン選手の戦績は43戦41勝(36KO)1敗1分けで15試合連続KO勝利、世界戦では9試合連続KO勝ちをしており

唯一負けた相手はサウル・アルバレス(カネロ)選手のみでした。

ミドル級で歴代最強と言われる程の強さで 村田選手も8年前にゴロフキン選手とスパーリングした時は化け物じみた強さに驚いていたようです。

そんなレジェンドのゴロフキン選手と村田選手の試合が行われましたが

村田選手は善戦をするも試合結果は9回TKOでゴロフキン選手の勝利となりました。

村田諒太選手の引退の可能性は?

村田選手がデビュー当時は既にレジェンドだったゴロフキン選手に対して敗北を喫してしまったものの

試合内容はこの上なく良い内容だったと思います。

プロでロンドンオリンピックミドル級金メダルを獲得し、WBA世界ミドル級で世界王者にもなり

その上ゴロフキン選手というレジェンドと試合をすることが出来ました。

プロボクシングの引退年齢は20代前半(早期引退者を含めるため)が主な世界で村田選手の年齢は36歳を迎え

このビッグマッチを終えた後はもうやることを一通り全てやったので

村田選手はボクシングに対してのモチベーションを保つことができないのではないかと言われています。

村田諒太選手自身はじっくり考える方向

村田諒太選手の試合後インタビューでは

「ゴロフキン戦は勝利を達成できませんでしたが 自分自身を高められたということに関しては良かった」と

2年4ヵ月間継続して練習してきたことに対して自己肯定感を高めれたことを話しており

今後についてはゴロフキン戦の傷を癒してからゆっくり考えるとのことです。

本当に良い試合でした。

タイトルとURLをコピーしました